【広告 No.01】

2015年6月3日水曜日

【Google】Googleドライブにある画像を画像として表示させるためのパーマリンクを生成する方法

【はじめに】

Googleドライブ内に画像を大量にバックアップ、保存している方はたくさんいらっしゃると思います。しかしながら、ドライブ内の画像を参照するために、共有リンクを取得しても、そのままでは画像として表示されません。本記事はGoogleドライブにある画像を画像として表示させるためのパーマリンクを生成する方法についてのメモです。

【実現したいこと】

Googleドライブにある画像を画像として表示させるためのパーマリンクを生成する。

やや回りくどい表現となってしまいましたが、Googleドライブ内の画像から共有リンクのURLを取得し、例えばimgタグの値として渡しても画像は表示されません。実現できないのかと思っていましたが、一工夫することで表示できることがわかりました。


ドライブ内画像のパーマリンク生成

上記から、Googleドライブ内の画像から共有リンクのURLを取得し、パラメーターとして渡しても画像は表示されません。いろいろ調べたところ、以下の方法にて画像のパーマリンクを生成すれば、有効なパラメーターとなることがわかりました。

Fortunately, there's an easy solution - replace this URL from the address bar:
http://docs.google.com/file/d/FILEID/edit
with:
http://drive.google.com/uc?export=view&id=FILEID(where FILEID is a long sequence of digits and letters).

つまり、パラメーター用のURLへの整形は画像のIDが取得できれば良い、ということですね。

例えば、Google Apps Script(以降、GAS)を利用するなら、FileクラスのgetId()メソッドで取得できます。特定のフォルダ内の画像を取得することも可能です。

GoogleドライブのAPI(Google Drive REST API)からも同様の処理ができると思います。ただし、いずれにしても、対象となる画像の共有設定には注意しましょう。

以上「Googleドライブにある画像を画像として表示させるためのパーマリンクを生成する方法」のメモでした。

【参考サイト】